パートが即日融資を希望するときの注意点

パート勤務の方でも「どうしても今日中にお金が必要!」というときがあるものです。
パート勤務の方は、総量規制が問題となりやすいので、申込むカードローンの選び方に注意する必要があります。
総量規制や収入証明が必要になるときを理解すれば、即日融資もより確実なものとなるでしょう。

 

パートの即日融資と総量規制の関係について

総量規制があるカードローンでは、「年収の3分の1までの融資」というのが原則となります。
毎月5万円のパート収入があるなら20万円まで、というように、法律によって融資の上限額が決められています。

 

総量規制対象外のローンとは?

希望額が年収の3分の1を超える場合は、総量規制対象外のローンを選ばざるを得ません。
総量規制対象外は「銀行カードローン」のことですので、年収の3分の1超の融資が必要ならバンクイックやレイクを選ぶようにします。

 

消費者金融で収入証明が必要になるとき

収入証明が必要なローンでは、書類の準備で即日融資に間に合わない可能性があります。
プロミスやアコムのような消費者金融では、50万円超の希望額のときに収入証明が必要になります。
収入証明についても銀行の方が基準がゆるくなっていますので、用意が難しいときは銀行のサービスも検討することになります。

 

消費者金融ならプロミス、銀行カードローンならバンクイックかレイクを選ぶようにすると、迅速な審査が受けられるので即日融資の可能性も高くなります。