パートで60万借り入れするには?

自動車の購入や引っ越し資金、子どもの教育などに60万円ほどのお金が必要になることがあります。
パート勤務の方にとって60万円は高額ですが、カードローンを利用すれば、借り入れすることはできます。
ただし、総量規制の影響があるカードローンもありますので、自分が借りれるカードローンを選ぶことが重要になります。
また、申込むカードローンによっては、収入証明書の提出が必要になることもありますので、できるだけ証明書不要で借りれるところを探すのがポイントです。

 

パートが消費者金融で60万円借りるには?

 

パート勤務の方が消費者金融で60万円の借入れをするには、年収180万円以上あることが条件となります。
消費者金融のカードローンでは、貸金業法の総量規制が影響していますので、原則として、借入れできるのは年収の3分の1までです。
60万円の借入れのためには、その3倍の180万円の年収が必要です。
1ヶ月あたり15万円のパート収入があることが前提となっていますので、希望する人によっては、借入れできないケースもあるのではないでしょうか。
年収180万円以上ないパートの方は、総量規制対象外の銀行カードローンからサービスを選んでください。

 

総量規制対象外のメリットとは?

 

総量規制の影響がないカードローンを選べば、年収の3分の1を超える借入れも可能です。
総量規制の対象外となっているのは、銀行のカードローンになりますので、毎月15万円のパート収入がない方は、銀行カードローンで60万円借りればいいことになります。
また、銀行カードローンの多くは、収入証明書の提出要件もゆるくなっていますので、源泉徴収票などがなくても60万円の申込ができます。
消費者金融では、50万円超の希望額で収入証明書が必要になりますが、銀行カードローンなら証明書を用意せずに申し込めます。

 

パート勤務の方は無利息で借りるのがおすすめ!

 

パート勤務の方が60万円借りるなら、無利息サービスがあるカードローンがおすすめです。
一定期間の利息が0円となりますので、金利の負担を最小限に抑えられます。
消費者金融ならプロミスやノーローン、銀行カードローンならレイクに無利息があります。
それぞれのカードローンの無利息サービスに特徴がありますので、ホームページで確認して、自分に合ったカードローンを選んでください。
なお、プロミスやノーローン、レイクのカードローンは人気がありますので、審査が混雑していることを想定し、早めの申込み手続きをするようにしましょう。